ベイザー脂肪吸引のメリット


手術このページではベイザー脂肪吸引のメリットとデメリットについて説明します。ベイザー脂肪吸引とは脂肪細胞のみに働きかける脂肪吸引法のことで、皮膚を切開してカニューレという吸引機を挿入して、そこから「ベイザー波」と呼ばれる超音波を出して脂肪細胞を柔らかくします。今までの脂肪吸引では周辺組織への負担が大きいことが懸念されてきましたが、ベイザー脂肪吸引では脂肪だけを吸引することができるので血管や神経へのダメージを抑えることが出来ます。また、従来よりも施術時間が大きく短くなることがメリットです。

また、圧倒的な吸引力が魅力です。今までの脂肪吸引では脂肪除去率は7割程度でしたが、ベイザー脂肪吸引なら皮下脂肪の9割を除去することもできます。また、脂肪を超音波で柔らかくしてから吸引するために、硬くなってしまった脂肪を除去することができます。術後の肌に凹凸などの手術跡が残る心配もないので見た目もきれいに仕上げることが出来ます。

デメリットとしては脂肪吸引全般が医者の技量による差が大きく、経験豊富でない医者による施術だとせっかく高いお金を出してベイザー脂肪吸引をしても上手に脂肪が取りきれない等の症状が出てしまいます。事前に信頼できる医師がどうかの下調べが重要です。

ベイザー脂肪吸引の基礎知識


先生このページではベイザー脂肪吸引の基礎知識について説明します。まずは脂肪吸引とは何かというところから説明します。人間の体の脂肪層は細い血管や神経が多く通っている皮下脂肪と血管や神経が少ないLFDとよばれる脂肪の2つにわかれています。LFDは人間が飢餓状態になるまで蓄えられている脂肪のことですが、普段は燃焼されにくくなっています。脂肪吸引で得られる効果として痩せたい部分をピンポイントで痩せることができ、食事制限や運動をする必要がないこと、脂肪細胞の数を物理的に減らすことが出来るのでリバウンドが起こりにくいことがメリットです。

脂肪吸引には色々な方法があります。クリニックによって導入している治療方法が違うことがありますが、部位や予算によって使い分けたりすることが一般的です。今回紹介するのはベイザー脂肪吸引です。

ベイザー脂肪吸引は管の先端からベイザー波と呼ばれる超高周波の振動を利用して脂肪細胞をとかしていきます。ベイザー波によって脂肪細胞は柔らかい状態になり、簡単に脂肪を吸引出来るという原理になっています。また、ベイザーは脂肪の周りの血管や神経などを傷つけることなく溶けた脂肪だけを吸引できるのでダウンタイムと呼ばれる痛みを感じる時間が他の脂肪吸引より軽くなるといわれています。

ベイザー脂肪吸引とは?


スリムな体ピンポイントでお腹だけ痩せたい・なかなか太ももの落ちない太ももの脂肪を落としたい人のために脂肪吸引を考えたことがある人は多くいると思います。このページでは数ある脂肪吸引のうちの1つである、ベイザー脂肪吸引について説明します。ベイザー脂肪吸引と他の脂肪吸引の違いとして、ダウンタイムと呼ばれる施術後に痛みを感じる時間が他の脂肪吸引よりも軽くなると言われています。

ダウンタイムが短くなる理由として管の先端からベイザー波と呼ばれる超高周波の振動を利用して脂肪細胞だけを溶かしてから吸引していることです。ベイザー波は脂肪だけを柔らかくするので、筋肉等の重要な部位を傷つけずに脂肪の部位を吸引することができます。脂肪細胞だけを吸引することによってリバウンドしにくくなる等の効果もあります。

また、ベイザー脂肪吸引の魅力として圧倒的な吸引力があげられます。今までの脂肪吸引では脂肪除去率は7割程度でしたが、ベイザー脂肪吸引の場合は皮下脂肪の9割を除去することも可能になりました。手術跡の肌に凸凹する跡が残るリスクも他の吸引方法に比べて少ないので、見た目もきれいに仕上げることが期待できます。

メリットだけではなくデメリットもあります。それは脂肪吸引全てに言えることなのですが、キレイに仕上がるかどうかは医者の技量による部分が大きく、経験豊富ではない医者による施術だと高額なお金を払ったのにもかかわらず上手に脂肪が取りきれない等の症状が出てしまう場合があります。事前に信頼できる医師かどうかを下調べしてから脂肪吸引に臨むことが重要です。